読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめ便 journey of life

まめ夫婦の日常 日々のあれこれを綴っていきます 東京 ふたり暮らしの記録

スポンサーリンク

《ふたり暮らし》家作りDay44-52 お料理タイムを快適に 簡単DIYでキッチン棚作り

f:id:edatabi:20170513062915j:plain

はじめに

東京に引っ越してきてから 約2カ月が経過。

この頃には 荷物も片付き ずいぶんと過ごしやすくなってきました。同時に 3月末から就職活動をはじめたこともあり すっかり置き去りとなっていた お家作り。

とは言え まだまだ 手を加えたいところもちらほら。


このため 気分転換もかねて 久しぶりの気まぐれDIY。

ずっと"作りたいね"と話しながらも そのままになっていた キッチンの棚を作ることに。


そこで 今回は キッチンをより使いやすくするキッチン棚作りの様子と作り方について まとめてみました。

 

キッチン棚DIYの様子

久しぶりに 2人で スーパービバホームへお出かけ。
DIY材料がずらりと並ぶフロアは いつ見ても圧巻。


この日はキッチン棚の材料をお持ち帰り。



どんなキッチンに仕上がるかな。

わくわく。



f:id:edatabi:20170513062948j:plain

まずは 細い材木を必要な長さにカットし 棚板になる材木とともに ヤスリがけをしていきます。


表面がツルツルになっていく 木の質感。

あぁ 気持ちいい。


f:id:edatabi:20170513063456j:plain

すべてのヤスリがけが終わったら 以前のテーブル作りの時と同様に ペイントをしていきます。

水性塗料を塗ったら ぞうきんで拭き取って...ゴシゴシ。

 

f:id:edatabi:20170513063029j:plain

余分な塗料を拭き取ると こんな色合いに。


今回の材木は 塗料の入りが良いようで 1度塗りだけで終了。

なかなか 好みの色に仕上がりました。



そして この材木は 前回のテーブル作りの反省を活かして 丸1日しっかり乾かすことに(前回は 乾かし方が不十分で DIY後に材木が収縮し テーブルに隙間が空いてしまったのです)。

 

 

前回のテーブル作りの様子はこちら

 

 

ペイントした材木がしっかりと乾燥したら 翌日は いよいよ組み立てをすることに。

 

f:id:edatabi:20170513063055j:plain

まずは 電動ドリルを使って 材木に棚受けを取り付けていきます。

 

f:id:edatabi:20170513063116j:plain

わが家の雰囲気に合わせて選んだ ステンレスの棚受けは ペイントした材木の雰囲気ともぴったり。



これで キッチン棚の棚板部分のできあがり。

うんうん なかなか良い感じ♡



次は できあがった棚板を取り付ける準備をしていきます。

まずは 同じく電動ドリルを使って 壁に穴を開けます。ここは躊躇せず 大胆にウィーンと開けていきましょう。

 

 

 

ウィーン...

 

 

 

f:id:edatabi:20170513063316j:plain

壁に穴が空いたら そこに石膏ボード用アンカー(以下 アンカー)を差し込みます。


ある程度まで入ったら トンカチでトントン。
すると 綺麗にすっぽりとアンカーが入りました。


しっかりアンカーが入ったら アンカー+ねじを使って 棚受けを付けた材木を取り付け。

f:id:edatabi:20170513063157j:plain

すると まずは1段 キッチン棚のできあがり♡

f:id:edatabi:20170513063240j:plain

このキッチン棚を2段取り付けたら 細い材木をボンドで接着して 棚に置いた物が滑り落ちないよう 滑り止めを作成。



ボンドが乾くまでの間 しばらくの待ち時間。

何をしようかな...??



あっ あれを作ったら もっと便利になるかも!



f:id:edatabi:20170513073004j:plain

ふと思い立って ラッピング用に置いていた麻紐を取り出して マクラメを編み編み...

世界一周の時はよく作っていたけれど 帰国してからは全然作っていなかったから 編み方を思い出すまでがひと苦労(汗)。Youtubeを見ながら 編み方を思い出します。


そして ある程度の長さのマクラメを編み終わったら それを持ってキッチンへ。 

f:id:edatabi:20170513073207j:plain

ボンドが乾いたら 棚受け部分にマクラメを結ぶと...

f:id:edatabi:20170513073341j:plain

キッチンペーパーホルダーのできあがり♡

コロコロと転がったり かさばったりで 地味に置き場に困ってします キッチンペーパー。取り出しやすい定位置が見つかって 使い勝手も良くなりそうです。



家具は なるべく置かないように。

いろんな物を シンク周りに なるべく置かないように。



そんな風にしていると 細々とした物の収納を "どうしようかな?"なんて 思っていたけれど。これで ようやく シンク周りもすっきりです。

 

簡単DIY キッチン棚の作り方

準備するもの

1) 450×150×15mmの材木 1枚
2) 450×90×15mmの材木 1枚
3) 900mm×6mm×6mmの材木 1本
4) 木工用水性塗料 0.7L 1缶
5) 塗料用のはけ(塗った後にすぐ拭き取るため リーズナブルなもので可)
6) ステンレス棚受け(中) 3個
7) ステンレス棚受け(小) 3個
8) 紙やすり 粗め 細かめ 各1枚
9) ぞうきん 2枚(使わなくなったTシャツなどでも代用可)
10) のこぎり
11) 石膏ボード用アンカー 数個
12) ねじ 数本
13) 麻紐(キッチンペーパーホルダーを作る場合)
14) 電動ドリル(無い場合はプラスドライバー...だと 多分辛いです(汗))
15) トンカチ

 

キッチン棚の作り方

①材料の購入+材木をカット

ホームセンターなどで必要な材料を購入。
お持ち帰りをしたら 細い材木のみ のこぎりで必要な長さ(43cmくらい)にカットします。

 

f:id:edatabi:20170513083251j:image

f:id:edatabi:20170513083308j:image

今回は こちらの材木を利用しました。
好みの色合いにペイントするため リーズナブルなものでも十分です。

 

②材木にヤスリ掛け
材木の手触りや質感を良くするため 表面と側面を粗めのヤスリ→細かめのヤスリの順にヤスリ掛けをしましょう。

棚板となる材木のみでなく 細い材木も同様にヤスリがけをしていきます。

 

③材木を水性塗料でペイント

次に ヤスリを掛け終わった材木を ペイントしていきます。

f:id:edatabi:20170409144048j:plain

私たちが使った水性塗料は こちらのオークでした。


まず始めに 材木に水性塗料を塗り それをすぐにタオルでこすり 余分な塗料を落とします。"せっかく塗料を塗ったのに タオルで拭いてしまって良いの?"と思われる方もいるかもしれませんが 躊躇せず拭き取ってしまって大丈夫。

水性塗料は 木に染み込んでいく染まり方をするので こうすることで ベタ塗りにならずに木目を際立たせることができます。

 

f:id:edatabi:20170513063436j:plain

今回の材木(桂材)は 1度塗りだけで綺麗な色合いになりました。

 

④材木を乾燥させる

ペイントが終わった材木は 完全に乾くまで乾燥させます。こうすることで キッチン棚を作った後の材木の収縮が起きにくくなるため キッチン棚と壁の間に隙間ができたりというトラブルを避けることができます。

 

⑤材木に棚受けを取り付ける

材木が完全に乾いたら 電動ドリルを使って 材木に棚受けを取り付けていきます。棚受けは2個でも良いかも...?と思いつつ 私たちは強度を考えて(砂糖と塩の瓶が重いので...)1つの棚板に対して 3個の棚受けを取り付けることに。


なお この棚受けの金具で雰囲気がずいぶんと変わったりします。

このため 棚受け選びは慎重に(笑)。


f:id:edatabi:20170513081213j:plain

わが家は こちらのLIXIL(リクシル)のステンレス棚受けにしました。かなりシンプルな印象になります。

 

⑥棚を取り付けるための準備をする

ネジ挿入部の強度を上げるため 壁に筒型のパーツを取り付けます。

このため 壁の6カ所(棚受けを 上下の棚で計6個取り付けているため)に 電動ドリルを使って必要な径と長さの穴(アンカーのサイズに合わせる)を開け その穴にアンカーを入れ込みます。

 

f:id:edatabi:20170513071840j:plain

筒型のパーツは はじめは手で差し込み ある程度の深さまで入ったところで トンカチでトントンと軽く叩いて押し込むと 綺麗に入れ込むことができます。

 

⑦壁に棚を取り付ける

壁にアンカーを入れ込んだら アンカーの位置と棚受けの壁側の穴を重ね合わせて 電動ドリルを使ってねじで固定していきます。

 

f:id:edatabi:20170513084105j:plain

ひとまず キッチン棚らしくなりました。

 

⑧ キッチン棚に滑り止めを作る

f:id:edatabi:20170513083909j:plain

キッチン棚の固定ができたら 乾かしておいた細い材木の登場です。

ボンドを使って この細い材木を 棚の端に固定しましょう。ボンドが乾くまでの間 しばらく時間がかかるため 洗濯バサミなどを使って固定しておくと 楽に作業をすることができます。

ボンドがしっかり乾燥したら キッチン棚の完成です。

 

⑨キッチンペーパーホルダーを作る

ここからは 作ろうと思う方はですが...麻紐を使って キッチンペーパーより長めのマクラメを編みます。なお マクラメはあくまで飾りとしてなので 麻紐をそのまま結んでも シンプルでかわいいと思います。

 

 

マクラメの編み方が気になった方はこちら

 

 

f:id:edatabi:20170513093852j:image

マクラメとキッチンペーパーを取り付けて。

 

 

キッチン棚のできあがり♡

 

 

キッチン棚DIYにかかった費用

450×150×15mmの材木 791円×1枚=791円
450×90×15mmの材木 458円×1枚=458円
900mm×6mm×6mmの材木 40円×1本=40円
木工用水性塗料 0.7L 950円×1缶=950円
塗料用のはけ 180円×1本=180円
ステンレス棚受け(中) 408円×3個=1,224円
ステンレス棚受け(小) 378円×3個=1,134円
石膏ボード用アンカー 1パック 円×1パック=420円
(紙やすり ぞうきん ねじ 麻紐は自宅にあったものを使用)
------------------------------------------------
total 5,197円+税

最後に

今までのDIYと比べると 少し細々とした作業の多かった 今回のキッチン棚作り。それでも コストもとてもリーズナブルに わが家のキッチン事情にぴったりのサイズ感で作ることができるのは DIYならではだなぁと感じます。

サイズ感を変えれば カップなどのちょっとした食器も置くことができそうな 今回のキッチン棚。キッチン周りの収納にお困りの方は トライしてみてはいかがでしょうか。


それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。



江里