読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめ便 journey of life

まめ夫婦の日常 日々のあれこれを綴っていきます 東京 ふたり暮らしの記録

スポンサーリンク

《ふたり暮らし》家作りDay1 どんな風にする? わが家のイメージ検討会

まだまだ ごちゃごちゃなわが家

はじめに

前回の記事から始まった 2人の家作り。

コンパクトサイズのお家を快適にしていくために まずは2人のルール "常に使うものだけ 必要なものだけ置こう"ということを決めました。

それでは いよいよ 実際の家作りを...となるかと言うと そうは問屋がおろしません。世界一周の旅を通して すっかりマイペース ディスカッション好きになってしまった私たち。


そして 私たちが 次に決めたこと。

それは 新しいわが家のイメージ。


はたして そのイメージとは どんなものだったのでしょうか。それでは 今回も はじまりはじまり。

 

わが家のイメージを決める

話し合い イメージ画像

新しい家作りのため 次に取り掛かったこと。
それは 新しいわが家のイメージを決めること。


世界一周の旅では 何をするにも あらかじめ 2人で大枠を決めておくことの大切さを実感しました。


行きたい場所 観たい景色 聴きたい音楽。


お互いのやりたいことのイメージをすり合わせておけば その分 2人でより楽しめる。

イメージがずれているまま 見ないふりをしていると 後から 元に戻すのが大変だったりする。




そんなわけで 今回 2人で決めたイメージ。

"男の1人暮らし"




...えっ(笑)?



はい。

前置きの割に ざっくりとしたイメージですみません。

 

じゃあ この場合の"男の1人暮らし"とは?

先ほど ざっくりと決まった わが家のイメージ。


それでは この場合の"男"っていうのは どんなメンズなのでしょう。そして この場合の"男の1人暮らし"っていうのは どんな雰囲気なのでしょう。

若干 "どうでもいい"感じもしますが こういう部分を詰めておくことって大切。こういうことを 本気で 大人気なく話し合えることって大切(笑)。

 

 

それでは 実際に そのイメージを確認していきましょう。

 

 

こんな感じ?

男の1人暮らし イメージ画像 その①

画像出典: 【男の一人暮らし】- マンションジャーナル

 

 

いやいや こんなに広くないです。わが家(汗)。

 

 

じゃあ こんな感じ??

男の1人暮らし イメージ画像 その②

画像出典: 男性向けカッコイイ インテリア集 - NAVER まとめ

 

 

いやー これは なかなか落ち着かなそうですね(笑)。

 

 

それじゃあ こんな感じ???

男の1人暮らし イメージ画像 その③

画像出典: 都会の仕事ができる一人暮らし男性のベッドコーディネート♪ - 一人暮らしインテリアコーディネート実例.com

 

 

......ベッド大事にし過ぎて 飲み物 床に置いてるし(笑)。

出典元のネーミングと言い 突っ込みどころ満載。



探してみると いろんなタイプの"男の1人暮らし"があることが分かりました(笑)。



それでは 私たちのイメージを もっと固めてみましょう。

 

私たちのイメージ

私たちのイメージしている "男"とは?
・無骨
・アウトドア好き
・野獣 でもちょっとおしゃれ(笑)

私たちのイメージしている "男の1人暮らし"とは?
・ウッディな感じ
・レトロな感じ
・物が少ない

 

 

これらを踏まえた わが家のイメージは こんな感じ♡

新しいわが家のイメージ その①

画像出典: おしゃれな部屋の作り方6つのコツ☆ - 住まいのまとめ

 

新しいわが家のイメージ その②

画像出典: 自分のお気に入りを見せて魅せてくれるコーディネート - 一人暮らしインテリアコーディネート実例.com

 

はい なんとなく 見えてきました。
なんとなく。


つまり シンプル レトロ ウッディテイストですね。


話し合い後 疲れた様子の旦那さん(笑)

写真は 話し合い後の採寸風景。

若干 後ろ姿が疲れて見える気がするのは きっと気のせいです(笑)。

 

最後に

家作りのイメージが固まったところで 次回からは いよいよ実際の家作りスタート。

無印良品 IKEA uniko カリモク そして 以前東京で好きだった家具屋さんなどなど...いろんなサイトで必要なものを事前にリサーチ。


その後 はじめに向かった先はIKEA。
IKEAには 福岡にいた時から事前に実物を見ていた "買いたいもの"があったのです。


それでは 本日はお付き合いいただき ありがとうございました。また 次回も遊びに来ていただけると嬉しいです。



江里